コンドロイチン 副作用

コンドロイチンの副作用とは!?

関節痛や軟骨など体内の成分として良いとされるコンドロイチン。そのコンドロイチンを摂取することで副作用はあるのでしょうか?
その疑問について記載しようと思います。どんな有効成分でも、摂取する際には副作用に注意する必要があります。
長期的に服用するのが望ましいものなので副作用などには気をつけておく必要があると思います。

 

どんな症状が出る恐れがある!?

 

コンドロイチンは安全性が非常に高い成分であるので、健康に深刻な害をもたらす副作用は報告されていないようです。

 

またグルコサミンなどと併用すると効果が上がるなどのことからもわかるように併用でも問題ないと言われています。人によっては胃腸のむかつき程度の副作用も言われているようですが、健康被害や過剰症、副作用は報告されていないそうです。

 

コンドロイチンはサプリメントなど以外でも食材で納豆やオクラ、フカヒレやスッポンなどネバネバ系に多量に含まれており気がつかず摂取している方も多いと思われます。

 

ただ消化機能に影響を及ぼすケースは報告されているそうで、一時的なものとのことですが腹痛や下痢、便秘、吐き気などが時折見られるようです。ただこの腹痛や下痢などはコンドロイチンとの関連性が必ずしも認められるレベルのものではないので、その日の体調や精神的なものと重なったと言える程度のものだと考えられます。

 

まとめ

 

短期間で成果を出したいあまりたくさん飲んでしまうなどの過剰摂取も気をつけた方が良いようです。報告があったという稀なケースも注意として記載しましたが、殆どの場合ではコンドロイチンは副作用が皆無に近いとの見解を示している方が多いようです。

 

まず、普通の量を通常に飲むサプリメントなどは副作用の心配をしなくて良いようです。副作用などが心配な方は、服用量が決まっていて抽出量や成分の安心という観点からもまずサプリメントから飲んでみることをおすすめします。一般的な考察としてコンドロイチンの副作用はほぼ無いとみて良いでしょう。