グルコサミン 副作用

グルコサミンの副作用!?

サプリメントなどを服用する際に副作用などが気になる方も多いと思います。グルコサミンはもともと体内で合成されるため安全性が高く、重大な報告はされていません。
副作用としては基本的に安全といえますが、注意した方が良い持病の方もいらっしゃるのでそれらを記載致します。

 

ただ、エビやカニなどの甲殻類などはアレルギーなどがある方も多いと思うのでそれらのアレルギーの方はアレルギー症状が出る可能性が無いとは言えません。グルコサミンは甲殻類の外皮を形成するキチン質にも含まれていますし、山芋や里芋などのネバネバ系の食品にも含まれています。

 

また、糖尿病の方も注意した方が良いかもしれません。グルコサミンは血糖値を上げる作用があるので、糖尿病の症状を悪化させてしまう可能性があります。糖尿病により上昇する血糖値はインスリンによりコントロールされるので、インスリンの働きが鈍くなることで血糖値が上昇してしまう可能性があります。グルコサミンは摂取の際、インスリンの働きを抑制してしまう可能性があります。

 

そもそもグルコサミンとは!?

 

私たちの体内の軟骨や靱帯に存在している成分で、糖とアミノ酸が結合した天然アミノ糖の1種です。カニやエビなどの甲殻類の外皮を形成するキチン質にも含まれています。

 

まとめ

 

副作用は殆どないので心配しなくても良いと思いますが、甲殻類アレルギーの方と糖尿病の方は注意が必要かと思いますので、事前に医師に相談などした方が良いかと思われます。

 

他に注意することは過剰摂取などがあります。これはグルコサミンのサプリメントなどに限ったことはありませんが、キチンと書かれている容量に従って服用するのが推奨されます。

 

万全を期すため注意した方が良い症例を書きましたが、基本的にはグルコサミンは、自然の原料を使ったわたしたちの体内にある成分ですので、サプリメントなども比較的安全で副作用などは出にくい健康食品といえるので安心して良いかと思います。